英語習得もスポーツ上達も、脳の力を「借りる」のが正解!

最終更新: 4月5日




Hello!!!

アットホーム留学ティーチャーの

原田千耶子です。


2020年、

小学校英語教科化、東京オリンピックと、

日本で英語フィーバーな年なのですが、



英語ができたら、これがしたい。

英語ができたら、こうなりたい。

英語ができたら、これが伝えたい。

って具体的なイメージ、ありますか?


このイメージがあると、

英語を学ぶモチベーションを一時的ではなく、

ながーく、維持できます。

しかも高い次元で。


と、言うのも


脳が、

「英語で何かを伝えている自分」と「今の(話せない)現状」

にギャップを感じて、


このギャップは危険だから埋めよう!

という「心理学的ホメオスタシス」(恒常性維持機能)

が自然に発動するのです。


そして、

ギャップを埋めようと、勝手に動き始めます。


*心理的ホメオスタシスとは?!

https://studyhacker.net/what-is-homeostasis





本来、ホメオスタシスは変わらないことを望む脳の働き。


英語が話せない現状があり、

英語が話せるように頑張って勉強しよう!


と本を開いたけど、3日目には、話せなくてもいっか。

と勉強をやめてしまう。



いわゆる3日坊主。



この今のまま(話せない現状)でもいっか

=心理学的ホメオスタシスが働いている状態。



今の自分の状態から、イメージの中で



「英語が話せる自分」に変えてしまうだけで、



脳はそれが今の本当の自分、だと思いこみ、

英語が話せない=だめだ、辞めさせなければ!という


一般的に言われるホメオスタシスの、逆パターンの力が利用できるのです。




ちょっとややこしいですね(笑)




もう少し整理して言うと、



「英語を話している自分」のイメージを作り上げ、

それを今の本当の自分だと脳に思い込ませる。



そうすると、脳は本当の自分は英語が話せるのに、

今ここにいる人は話せないようだ。



まずい!元に戻さねば!



と言って、

話せる自分と話せない今の自分に

ギャップを感じ、


埋めようとする力が働くのです。



現状維持をすることは脳にとって最優先事項。

脳は、命を守るために、

今の安全な状態を抜け出さないでほしい。



「変わること=チャレンジすることは安全ではない」

と、生き残ることを脳は最優先し、



「今」の安全な状態を維持することに全力を尽くす性質があるのです。



そのため、



もうすでに自分を「英語を話す人」

として思い込み(イメージを作り上げ)


脳を騙します。



そして「英語を話す自分」と、

「話せない自分」というギャップをつくり、


安全な現状=「英語を話す自分」を維持させるため、



英語ができない状況をどうにかしなければ!

英語を習得しなければ命が危ない!



という状況を脳に作るのです。



これが、英語学習を飽きずに、3日坊主にならずに

続ける脳の機能を味方にする方法です。



そして、命に関わることですから、

スピードも俄然アップします。



イメージがない人が英語を頑張って学ぶより、

イメージを作ってから学ぶ方が脳の力を利用して、


効率的に、

辛くなく、

楽しく、

習得できるということです。



この脳の力は語学だけでなく、


スポーツでも、芸術でも、人間関係でも、使える方法。



まずは、半年後、

自分がどうなっていたいか、を具体的に書き出し、

そうなっている自分になりきって過ごしてみましょう。

そして脳を騙すことによって

3日坊主から脱出し、

高いモチベーションをながーく維持して、語学習得を楽にしてみましょう!



21回の閲覧