ママの、What do you want to do?の言葉で「挫折しない子供」になる

最終更新: 3月27日


人生は選択の連続である。



かの有名な、

シェイクスピアのハムレットの言葉ですが、

( Life is series of choices )

実際に私たちは、

1日に何十回、何百回と

選択しているのではいでしょうか?

朝ごはん、

今日はパン?ごはん?

卵?魚?

服はどれ?

赤?白?

こんな些細な選択から

習い事は何をする?

どこの学校を受験する?

どこのチームに所属する?

など、

子供達の人生を大きく左右する選択まで、

常に、ママやパパは、自分の選択だけでなく

子供達の選択も日々していますよね。

そんな日々の選択の時、

ママのちょっとした声がけで、


子供達が

ちょっとやそっとのことでは

挫折しない子になる方法があります。

それは、

あなたはどうしたい?

What do you want to do?

あなただったらどうする?

What would you do?

と常日頃から子供の意見を聞くこと。

最初は答えを出すまで時間が

かかるかもしれません。

少し待ってあげましょう。

何か答えがでてきたら、


どんな答えであっても

必ず肯定してあげること。

これを繰り返していくと、

ママには安心して発言していい。

と子供の安全地帯が出来上がり、

どんどん自分の意見を言える子供になります。

そして、

あなたはどうしたい?

What do you want to do?

の質問で、

自分の感情に意識がいくようになり、


そこから自分なりの答えを出そうと

考えるようになります。

この自ら考える力、

そして、自ら答えを出す力。

この力を常日頃から鍛えていくことで

問題解決能力が強化され、

壁にぶつかったときでも

諦めずに 、


考えられる

そして、何か解決策を絞りだし

実行していくのです。

ママ・パパが答えを出した方が手っ取り早く、

親にとっても子供にとっても簡単かもしれないけど

何事も簡単に諦めず、

自ら考え、解決していける力は

日常生活から培っていけること。


そしてこの力は、

世界中どこにいたって

絶対に必要な力です。

選択の度に、

What do you want to do?

What would you do?

をママの口癖にして

子供達の輝かしい未来のために、

英語力も問題解決能力も

一緒に高めていきましょう!

☆Point☆


・挫折しにくい子になる秘訣は問題解決能力を鍛えること。 ・ママのwhat do you want to do?の質問で能力を高めていこう。

10回の閲覧